Loading...

CANDY ARCHIVE

 

こんにちは!

 

本日のスタッフブログはMATCHAです。

 

 

先日は初の京都旅行へ行ってきました。

2泊3日という小旅行でしたが、大満足できる旅でした。

 

1日目は、嵐山へ!

 

早朝から行けばバンブーフォーレストだって独り占め。

近くに金閣寺もあるので効率良く回るのが一番ですね♪

 

 

また、英国のエリザベス女王が訪れて一躍有名となった

神秘なロックガーデン(石庭) 『竜安寺』

 

石庭は、禅の境地を表現しているので、

見る人の心の持ち方で、どのようにも見えます。

 

見る人によって解釈がちがってくるそうです。

 

面白いことに、この石庭は、

どこから見ても、1つだけ石が見えないように設計されています。

 

庭の作者も作庭年も不明です。

 

 

二日目は伏見稲荷大社や清水寺へ。

 

ぼくも旅をするときに欠かさず利用するTripAdviserいう口コミサイトでは、

3年連続人気NO.1ということもあって多くの観光客で賑わっています。

 

 

3日目は座禅で心穏やかに!

 

そこで座禅の組めるおすすめのお寺を紹介します。

 

日本最古にして最大級の伽藍と呼ばれている大本山

『東福寺』

 

 

また、「東福寺」の方丈の周囲には枯山水の美しい庭園が広がっています。

 

京都の風情によく調和しており、見る者すべてを魅了する庭はとても人気です。

 

 

効用のシーズンは京都1位、2位を争う紅葉の名所と言いますが、

天気が崩れた雨の日だからこそ水面に浮かぶ波紋のように、

小石を掃き清められた、静と美。

 

 

雨粒にしっとり濡れて、

白い石がきらきら輝く枯山水を眺めのもいいかもしれないですね。

 

 

次に京都最古の禅寺として古い歴史を持つお寺

『建仁寺』

 

祇園の穴場寺となっています。

 

 

2002年に建仁寺創建800年を記念し、

小泉淳作画伯により二年の歳月をかけ描き上げられた法堂の天井画。

 

 

写真で見る以上にその迫力満点の絵図は、

見る者を圧倒します!

 

108畳にも及ぶ壮大な水墨画を、ぜひその目で見てほしいです。

 

 

小書院の中庭にあるのが「○△□庭」というお庭。

 

○は木、△は庭の隅の形状、□は井戸という、シンプルで単純な図形を表しています。

 

しかしその図形らは宇宙の根源的形態を表しており、

□は「地」、○は「水」、△は「火」を象徴したものだそうです。

 

 

方丈から通路で繋がった本坊の中庭には、

「潮音庭(ちょうおんてい)」という見事な中庭があります。

 

大書院・小書院に囲まれた中庭は、四方からその眺めを楽しむことができます。

 

季節や天候によって、また違った美しさを見せてくれるので、

四季折々の移り変わりを感じられます。

 

 

最後に、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ

『南禅寺』

 

南禅寺の境内に立つエキゾチックなレンガ造りの水路閣は1888年に建設され、

美しいアーチを描く全長93mの橋は、琵琶湖疏水の設計者の田辺朔郎が設計。

 

 

古代ローマの水道橋が手本となっています。

 

水路閣は現在でも水を運ぶ疎水として活躍し、

京都の代表的な風景のひとつになっています。

 

近代建築の構造物とお寺とのコントラストがすごく面白いので、

写真が好きな人にはすごくおすすめです!

 

以上、マッチャの旅日記でした。

 
 

MATCHA

 

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

■OFFICIAL SITE■

CANDY OFFICIAL WEB SITE

CANDY Twitter

 CANDY INSTAGRAM

FAKE TOKYO.com

FAKE TOKYO.com Twitter

FAKETOKYO.com INSTAGRAM

■CONTACT US■

ADDRESS:東京都渋谷区神宮前6-23-12 FAKE bldg.

TEL:03-5766-3102

MAIL:info@candy-nippon.com

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

商品についてのお問い合わせ

  • TEL : 03-5766-3102