Loading...

CANDY ARCHIVE

 
 

只今、CANDYでは、

二元性、対比性、対犠牲の結合をブランドコンセプトに男性らしさと女性らしさ、

モードとストリート、未来と過去、光と陰など様々な異なる要素を結合し、

男女2人によるアセクシャルなストリートクチュールを展開。

 
 

アンダーグラウンドシーン、サブカルチャーをバックグラウンドに、

東京の次世代を担う新進ブランドが入荷中!

 
 


 
 

インターネットやSNSが普及しきった世の中。

 

自己のプライベートやプライバシーを曝け出したり隠したり、

“周囲とつながる”ことの安堵や疲弊を繰り返しながら時間が流れている。

 
 

 
 

今シーズンのドDRESSEDUNDRESSEDは、

社会に対してブランドという立場からメッセージを発した。

 
 

 
 

外界と自己を切り離す、覆い隠すという意味合いでの洋服と、

そこにコントラストを描くように生ずる“出したい”という感情。

 

そのどちらの感情をも正として、体現できるようなワードローブが披露された。

 
 

 
 

短いものは太く、長いものは体を包み込むように、

アイテム内はもちろん、コレクション全体としてメリハリを。

 
 

シャツやコート、パンツにはスリットが多用され、

その時々の感情によってシルエットを操作できる。

 
 

 
 

男女どちらのアイテムも登場した、

というよりもジェンダーやセックスの壁は見事に取り払われた。

 

序盤メンズライクなアイテムが多いようにも思われたが、そこには性差というよりも、

スポーツやユースカルチャーといった別のエッセンスによって乗り越えられたジャンルが存在していた。

 
 

 
 

社会に対しての態度をファッションを通じて表したDRESSEDUNDRESSED。

 

ファーストルックのフルフェイスヘルメットが、

その後披露されるアイテムの数々を暗示していたのだろう。

 
 

 
 

ネガティブをポジティブと捉え直すでもなく、そのまま見せることによって生まれるメッセージを、

嚙みしめさせてくれるコレクションはオンラインショップ FAKETOKYO.com からもライナップを是非チェックしてみよう!

 
 

↓    ↓    ↓    ↓

 
 

 
 

 

 

商品についてのお問い合わせ

  • TEL : 03-5766-3102