Loading...

CANDY ARCHIVE

こんにちは!!

STAFFのリュウです!!

もう今年も残すところ一ヶ月も無く、2017年も終わろうとしてますね。

今年も個人的に色々なアーティストのライブを見れて満足した1年となりました。

幾つかピックアップして振り返ってみたいと思います。。。

 

2017年最初ははベルリン拠点のレーベルPANよりFlora Yin-Wongが来日。

 

昨年には PTPより”CITY GOD 城隍 [PTPCELL04]”をリリースしており、最近ではBOILER ROOMでもプレイしていた彼女。強めのシンセの音に、激しく刻まれたビート、緊迫感のある空白にアジアンテイストを感じさせる音が入るなど凄く格好良いDJプレイでした。

 

 

3月にはCANDYでもお取り扱いのあるブランド”Gosha Rubchinskiy”の東京のユースを題材にした写真集”東京”の発売イベントのパーティでモスクワのBUTTECHNOのプレイ!

 

今年はロンドンのThe Trilogy TapesよりLPを発売しており、同郷のGosha Rubchinskiyのランウェイミュージックも務めている彼。Gosha Rubchinskiyのアイテムと共にこちらの音楽も聞いてみてくださいね。

 

 

同月末にはRABITの主宰のHALCYON VEILから2015年にEPをリリースしたベルリン、コペンハーゲンを拠点に活動するWHY BEが来日。 FREE GALLERY取り扱いブランドのGmbhとも繋がっていてルックブックのモデルとしても参加しており、Gmbhの音楽的要素もそこで凄く感じました。

 

インストゥルメンタルグライムだけではなく、アジアンテイストの組み込まれたTECHNO、HIP HOPなど区画することなくミックスする彼のプレイには終始上がりっぱなしでした!

 

 

 

夏前には恵比寿のリキッドルームで開催されたJESSE KANDAのEXHIBITIONへ!!

 

クラブを寺院に見立て、花や線香に加えDJ前には琴の演奏と読経のパフォーマンスがあり、

JESSE KANDAのアートワークとの組み合わせが黄泉の世界や三途の川などを彷彿とさせるEXHIBITIONになっていました。

 

HyperdubよりDOOM KANDA名義で出しているEPも要チェックです!

 

 

秋にはサウスロンドンの音楽集団BALA CLUBよりKAMIXLOが昨年に引き続き来日!!

 

今年、APHEX TWINがライブストリーミングを行ったロンドンの大型フェス”Field Day”にてKAMIXLOの曲を2曲プレイしたことにより、より一層世界から注目を浴びている彼。

 

 

レゲトンベースの激しいサウンドは相変わらずで終始踊りっぱなしでした!

最近では昨年来日していた同レーベルのENDGAMEも新しくEPを発売しており、こちらも格好良いのでチェックしてみてくださいね!

 

 

そして先月にはDINAMARCAが主宰するスウェーデン/ ストックホルムを拠点に活動するレーベルSTAYCOREの若手注目株のMACHATOKが初来日!!

 

ラップトップとMIDIキーボードを使用したLIVE SETで、北欧感のある哀愁漂う曲と後ろで流れていた3D映像が凄くマッチしていて、とても格好良かったです!!

 

 

ザッとした紹介になりましたが紹介しきれていないアーティストも含めて今年も色々なアーティストのライブやDJプレイを見ることができました!!見に行けなかったアーティストもいるのですが、彼らの音楽にはすごく刺激を受けますね。

来年も様々な場所に足を運んで良いものを見たり、色々なアーティストに出会える年にしたいと思います!

 

RYU

 

商品についてのお問い合わせ

  • TEL : 03-5766-3102