Loading...

CANDY ARCHIVE

こんにちは!STAFFのRYUです!

 

 

2月に入り、CANDY店頭でも続々と新作が入荷してきております。

上で着用しているD.TT.KのCRACK HOODIEはヒビが入っているような

特殊なプリントが施されておりTシャツも含めて個人的にお薦めなアイテムです!

 

 

さて、話は変わるのですが先日DAZED DIGITALを拝見している時に

気になる記事を見つけたのでご紹介したいと思います。

 

 

この記事によると、 先日発表されたRAF SIMONSの18AWコレクションの

インスピレーションとなったのが”クリスチーネ・F”という映画とのことです。

(そのことについても記事があるのでコチラをチェックして見てくださいね)

 

 

“クリスチーネ・F(1981年/西ドイツ)

DVD化もされており以前見たことがあるのですが、13才にして麻薬中毒,しかも娼婦だったというクリスチーネという人物の実録手記に基づいた映画です。

 

 

彼女自身がデヴィッド・ボウイが大好きで唯一の安らぎだっとと言っているように

映画の音楽はデヴィッド・ボウイが担当、しかも本人役でも登場しています。

 

 

過去にはGUCCIもキャンペーンの時にインスピレーションを受けたとのこと、

当時の若者たちの間でカルト的人気だったこの映画気になる方は見てみてくださいね!

 

そして同じ西ドイツで個人的にとても見たい映画があり、それもご紹介したいと思います。

 

 

“DECORDER(1984年/西ドイツ)”

簡単にストーリーを説明すると、公安のような組織に情報操作されている社会が舞台となっており、主人公が夢の中で老人から啓示をノイズテープを制作する。そのテープには人の神経を狂わせる作用があり、そのテープを使用して情報操作から人々を開放していく、、、といった感じの内容のSF映画になっています。

 

 

主人公が作成したノイズテープには過去の映画、ニュースフィルム、監視カメラの映像など様々な映像が取り込まれてゆく方法が使用されており、今ではよく使われている手法ですが当時はとても斬新だったようです。音楽も主演を務めたEinstürzende NeubautenのF.M.アインハントやThrobbing GristlenのGENESIS P-ORRIDGEなどインダストリアルミュージックを代表する面々が担当しているなど映像、音楽共にかなり実験的な内容になっているとのこと。

 

 

F.M アインハントやGENESIS P-ORRIDGE以外にも、以前STAFF BLOGでも紹介した”裸のランチ”の作者 “ウィリアム・S・バロウズ”や主人公の彼女役として上記でも紹介した映画のクリスチーネ・F本人が出演しているなど、出演陣もかなりおもしろい面々が、、、

 

日本語役はVHSでの発売しかしていないということで、僕自身もまだ見たことがなく早く見てみたいと思っています。

 

店頭でもこのような音楽や映画などの話ができると嬉しいです。

是非店頭にお立ち寄りください。

 

RYU

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

商品についてのお問い合わせ

  • TEL : 03-5766-3102